アニメ映画

先日、スタジオジブリ「借りぐらしのアリエッティ」を観ました。

劇場で映画を観るのは数年ぶりでした。
スタジオジブリとしては初監督の米林宏昌さんの作品で、宮崎駿さんは脚本に徹したそうな。
ジブリのカラーは勿論外していませんでしたので十分楽しめました。 
が、いまひとつ・・というところで。 スケールがチョット違いませんか?
 ⇒これは仕事がら・・・角砂糖のスケールから、バッタの脚のサイズはないでしょう・・♪ 
  もうひとつテーマが・・
 ⇒小人の世界をもうひとつ派生させて大人が「うんうん!」というシーンがあったらもっと楽しいかなと思いました。
だって、観ていた人はほとんど大人。 チビッコは数える程度でした。

細部の画像はキレイでしたよ。 
コイがやかん船の下で泳ぐシーンは鳥肌がたちました。
劇場の「スケール」の大きさは良いですね!

関連記事

  1. 五感(墓参り編)

  2. 緑化

  3. 砂利の行方

  4. 平衡感覚

  5. 稲妻☆

  6. コミュニティー

  7. 異質な生命体

  8. スマホdeナビ

PAGE TOP