2022年 せり

年は2022年 気がつけば1月も、もうすぐ終わる29日です。
早いわ。。
でも「食」では季節のもの、旬なものをできるだけ頂くように気に留めています。
スーパーでは「せり」が安価になっていて嬉しいこの頃です。

子供の頃「せり摘み」は家族の恒例行事でした。
車酔いをしていた私が耐えられる距離だから、恐らく20分程度の場所だったはず。
今の横浜市都筑区か、東京都多摩市 あたりかな。
せりを摘むより、田んぼの稲刈りあとを踏んで楽しんで、虫を捕って。
たまに(笑) 「小さく広がったせり」をカミソリで採って。。
そうそう、バケツに大量に持ち帰っていた記憶があります。

たぶん、どなたかの所有地だったはずで、不法行為だったのだろうなぁ、きっと。
50年前のこと、時効と信じて「長いせり」をいただきます。

関連記事

  1. されど電池交換

  2. コピー機 

  3. 車検

  4. ラジオ環境kaizen

  5. 緑化

  6. 素材がつくる音

  7. 診療

  8. 異質な生命体

PAGE TOP