トラバーチン

一般的には「大理石」と言われている石灰質の沈殿石です。

温泉でも形成されると言われるように、植物・海藻からなる多孔質な形状が特徴です。 
よく見ると生物の化石も見ることができます。 
建築家ミースファンデルローエも好んで使った建材ですね。
「落合の家」では洗面カウンターに使用します。
トラバーチンならではのきれいな模様が出ているのですが、壁面ではなく
日常使用する「カウンター」ではその大きめの「孔」が汚れのたまり場になってしまうことがあります。 
それで今日は「孔埋め作業」。
樹脂系接着剤と色粉を混ぜたものを、全くわからないように違和感なく手作業で埋めて行きます。 
絵画の修復を思わせるくらい微妙な色調整をされていました。 
メンテナンスが難しいとされるトラバーチン。

自然素材を建築で利用するからには
末永く使う理解とメンテが必要と考えます。
「それがわからない人は使う権利がない。」
と誰か言ってましたねぇ~。。

関連記事

  1. 上野駅

  2. 細部いろいろ06

  3. ホテルオークラ

  4. そらいえ(空家) セミナー

  5. 2世帯住宅

  6. 細部いろいろ24

  7. 木3(もくさん)

  8. 数学・物理

PAGE TOP