免疫療法

相変わらずうちのパグ犬が「かゆいよ~」というので
今日は行きつけの「王禅寺ペットクリニック」に行ってきました。

パグはアトピー性皮膚炎になりやすい犬種と言われました。
犬のかゆみには「細菌・ダニ等」によるもの、「食物性アレルギー」によるもの、「アトピー性皮膚炎」によるものがあるそうです。先日の検査で”ダニ等”は無かったようなので、今日は”食物性”の確認をしましょうということでした。

アレルゲンとなりうるタンパク質の状態を改善したペットフードの試食品を
6種類くらいもらってきました。
先生いわく、「好き嫌いがありますから、見分けましょう」。
私、「嫌いはありません。石でも食べますから。」(苦笑)。
とにかく帰って夕飯はその一つを。 勿論 完食です。
2か月ほどこの「療法食」を試します。
説明で嬉しかったのが、薬で炎症を抑えるのはできるだけ避けましょう、と言われたことです。
次のレベルでアトピーと診断されたときでも、免疫の力を活性化する療法はあるそうで
副作用を軽減し体質を改善することもできる場合があるとか。

たまたま「がん 最先端治療の実力」という本を読んだところでした。
人のがん治療でも免疫細胞療法が注目されているそうですね。
動物の病気も人並みになってきました。
¥もかかります。 う~~ワン!

関連記事

  1. 香り

  2. 携帯電話

  3. 別れの春

  4. 線引き

  5. 明けましておめでとうございます 2015

  6. 芸術のまち しんゆり

  7. 根を洗う

  8. そら豆

PAGE TOP