ベッドを組み立てる

今日は身内のベッドを「組立て」に行ってきました。 

性能重視、安価で、体力は提供してもイイよ、ということでIKEAの組立家具となりました。
(IKEAの廻し者ではありません。)
港北店で展示品に寝てみて選択したのですが、かなりの種類で驚きました。 
硬い・柔らかい/ウレタン・スプリングの別を選択するのですが、試してみると概ね好みが解ります。
 
そして組立。 IKEAの組立説明書には「文章」がありません。
世界共通のそれなので「絵」だけで解説をしています。それはそれでスゴイです。(笑)
その絵をもとに全行程とパーツを把握しておく必要があります。
これを怠るとやり直しを何度もすることになります。。
「パーツ数OK、行程 概ね理解!」だけで作業開始。
「概ね」が危険です。 案の定、4回やり直しました。(苦笑)

画像はマットレスの下に設置する「スプリング」なのですが、これが強烈!
お店ではこの状態の完成形がグルグル巻きで来るのかと思いきや、なんと全て組立です。(絶句)
組み立てて行くうちに「このパーツの柔軟性が必要だんだ。」などの発見はあります。
「17列と6列の表記は何なの?」と思いながら2度目のやり直しで感激したのは
スプリングの強弱を「材をダブルかシングルか」にすることで構成していました。
さらに画像の四角いコマを左右に移動することでさらに強弱をつくる。
どこま実感できるかはわかりませんが力学的には「なるほど~」の域です。 

あ~疲れた。。 いい汗かいた2時間でした。

関連記事

  1. X’mas Wreath 2013

  2. 究極の立地

  3. シャガール

  4. ブログをはじめます

  5. 2022年 せり

  6. 手作り味噌

  7. ゲイジュツの秋

PAGE TOP