ひなまつりの余韻

今日は建物お引渡し後 2か月がたつ「曽比の家」に伺いました。

“ハルちゃん” は4世代め 2歳の女の子。 裸足で元気に遊んでいました。 
“なっちゃん” は3世代めのおヨメさん。収納上手なしっかりされた女性です。 
“Saeさま” は2世代めのお母様。お心遣いが細やかでお手本とさせていただく女性です。 
で、このお人形は1世代め 他界されたおばあちゃまの作品。
古い着物を利用され、オリジナルのデザインで丁寧に作られています。
おばあちゃまの作品をディスプレイしようと専用のギャラリーをつくり
先代が使った桐のタンスを2階のリビングでは上手にディスプレイされ
すっかりご家族の色に染まっていた「曽比の家」でした。

人形たちは季節ごとに入替えがあるようです。
伺うたびにほっとするのは、建物ではなくて
この人形たちとご家族なのだと改めて認識させられた3月4日でした。

関連記事

  1. 横浜赤レンガ倉庫

  2. 建物撮影

  3. 団地

  4. ゴシック建築

  5. 細部いろいろ27

  6. エネルギーの自立

  7. Google Sketch Up

  8. 使い勝手

PAGE TOP