細部いろいろ12

「プレーンシェード」を洗濯しました。

何本かのヒモで布をたくし上げる構造になっていて、一般的なカーテンよりは着脱に手間がかかります。
改めて構造をよくみると、小さなプラスティックパーツが
ループ状になったヒモに引っ掛っているだけで、丈夫で簡単な形状です。
ヒモの強度もかなりあるようです。 数が多いので時間がかかってしまうわけです。
全部で4シェード、洗濯の時間も含めて4時間もかかってしまいました。 
布の着脱にかかった時間は90分程度でしたが、上部レールの着脱におお汗をかきました。(笑) 
レールはブラインドのそれと同じ構造でツメ状のものを引っ張ると(ものによってはプッシュ)
カチッと外れる「はず」でしたがこれがどうして・・・
建築で造ってある「カーテンBOX」状の埋込み天井が邪魔をして、なかなかツメを引くことができません。 

見た目を美しくする為に、設計ではその納まりに気を使います。
が日常の操作を周知していないと「こんなもの!」となってしまいます。 
プレーンシェードの構造と、このカーテンBOXと。。。 
反省の多い4時間でした。

関連記事

  1. スケッチ

  2. 細部いろいろ13

  3. レッドシダー

  4. 設計のきっかけ

  5. googleエイプリルフール

  6. 住宅エコポイント

  7. プレッシャー

  8. 現物サンプル

PAGE TOP