タイル貼り

曽比の家。
6月にAdvan東京ショールームで選定したタイルが現場に到着しました。

タイル張りでは通常3 ~5mmの「目地」をとりますが、今回のタイルは精度がかなり良く
目地をとると「木製フローリング」に見えなくなってしまうことから
「突合せ」貼りとしました。石を貼るのと同じ状態です。
下地の精度を拾ってしまうことから、現場は緊張感をキープして施工に臨みます。
アァ~楽しみです。

関連記事

  1. 木枯らし1号

  2. 細部いろいろ11

  3. トラバーチン

  4. 夏至

  5. 細部いろいろ12

  6. 細部いろいろ23

  7. 色彩を決める

  8. ショールームで確認

PAGE TOP