GAS or IH

このところ オール電化が良いか、ガスが良いかと聞かれる機会が増えました。

光熱費ではどちらが安いか?ということや、省エネルギーではどちらが貢献できるかなど
目的が一緒くたになっているようです。 
光熱費の軽減ならばオール電化が良いでしょうし、省エネルギーでは建物の温熱環境によってどちらとも言えません。
太陽光発電を屋根に載せればOKというものでもありません。

「電気」か「ガス」か?と問われたときに、個人的には「ガスを無し」とすることは意識にありません。
「火」が好きなのです。 日常で火をよく使っています。
蚊取り線香の着火、お香もしかり。 ガスではないけれど七輪を使った炭で調理。
何よりあの色や臭い、影 が好きなのです。 「火」は唯一 人間が扱えるものです。
子どもの頃 焼き芋をしたり、ファイヤーキャンプで炎の大きさに怖いと感じたり
どんど焼きでは消炎しているのにあの熱さを体験したりと。
 
電気を駆使する現在のわたしたちですが、「火」を扱えなくなってしまうことはあってはならいと思うこの頃です。

関連記事

  1. そらいえ(空家) セミナー

  2. 木枯らし1号

  3. QPEX

  4. エネルギーの自立

  5. 数学・物理

  6. スケッチ

  7. 照明器具 省エネ化

  8. 横浜赤レンガ倉庫

PAGE TOP