電車

物心がついた時(いえ、それ以前)から小田急線を利用しています。

小田急の車両に乗ると安心します。「家に帰れる」という意識なのでしょうか。
記憶が正しければ”スト”を経験したことがありません。
設備投資にもキャッシュフローを最優先にして計画しているそうですね。いつもスマートな印象です。
 
昨夜は夕食のお誘いをいただき、新宿から新百合ヶ丘駅まで乗車しました。
20:30頃ですがかなり混雑していました。
成城学園に近い頃、立っていた私の背後の女性が”てんかん”でしょうか、車内で倒れてしまいました。
隣りにいたビジネスマンと思われる男性が「ハンカチを口に・・」と言われ
廻りの方々も冷静に対応されていました。
駅に着くと、すぐに車外に運びだして、その様子を察した方が駅員さんを大声で呼び
すぐに来られて携帯電話(かトランシーバー)で構内と車掌に連絡をとっているようでした。
「救急車を呼びました」 「急病の方がおられ・・・」 「ご利用の方はご乗車ください・・・」
などのアナウンスがあり、駅を発車するまで恐らく2分はかからなかったと思います。
その対応の速さと、周囲の方々の対応に驚いて、私は何もすることができませんでした。
 
ちょうどそのとき、養老孟司さんの「バカの壁」を読んでいました。”第6章バカの脳” に入るところ。
帰宅してから熟読してしまいました。

関連記事

  1. フランス革命記念日

  2. 高級バーガー

  3. Note PC再生

  4. スマホdeナビ

  5. メダカ

  6. 線引き

  7. ロックの日

  8. 勝利品

PAGE TOP