古材01

新築・改修住宅、店舗などで「古材」をよく利用します。

こちらは「蔵戸」。 古民家を解体したときに丁寧に撤去したものです。 
状態の善し悪し、購入価格 は様々です。
魅力なのはそのデザインと細部の工夫です。 
現在、この形状を再現してくださいと言っても、まずは価格から非現実的です。 
需要が無いので当たり前ですね。 
「断熱性能、高レベルの防犯」 などを期待してはいけません。(笑) 
大きな戸車、鍵の形状、格子のこだわり、丁度よい高さ など、使う場所によっては素晴らしい立て役者となります。
引き続き、手入れはしてください。 
古材だから乾燥しているでしょうから収縮は無い・・・・ということは無くて
環境に順応しようとする無垢材の性質。 生きています。

関連記事

  1. 絵本

  2. ショールームで確認

  3. 細部いろいろ07

  4. バンダ

  5. 倉庫

  6. どこでも調光

  7. Forward to 1985 energy life

  8. Google Sketch Up

PAGE TOP